大会情報

中部地域協会主催の大会情報です。

令和4年度大会予定はこちら

第27回アスカム杯ブラインドテニス大会

対戦表(テキスト版)

実施要項

主催 : 日本ブラインドテニス連盟 中部地域協会
 
後援 : 愛知県社会福祉協議会(予定)
 
協力 : 日本女子テニス連盟愛知県支部  (予定)
     愛知県障害者スポーツ指導者協議会(予定)
     社会福祉法人相和福祉会 くすの樹(予定)
 
協賛 : 愛知製鋼株式会社(予定)
 
期日 : 令和4年11月27日(日) 9:00~16:40
   * 受付時間 9:00~9:30
 
会場 : 愛知製鋼企業年金基金体育館(アスカム)
     東海市荒尾町大脇90番地
     Tel: 052-601-7211
 
【競技】
 
競技種目 : ダブルス(ともに視覚障害者、および視覚障害者と晴眼者による
       ダブルス)
 
○ D1‐Aクラス(D1 アドバンストクラス)
  ともにB1(アイマスクまたはアイシェード装着者)
○ D1‐S男子クラス(D1 スタンダード 男子クラス)
  B1男子(アイマスクまたはアイシェード装着者)&晴眼者
○ D1‐S女子クラス(D1 スタンダード 女子クラス)
  B1女子(アイマスクまたはアイシェード装着者)&晴眼者
 
○ D2‐Aクラス(D2 アドバンストクラス)
  B2(視力0.03以下あるいは視野5度以内)&B2/B3プレイヤー
○ D2‐Sクラス(D2 スタンダードクラス)
  B2(視力0.03以下あるいは視野5度以内)&晴眼者
 
○ D3‐Aクラス(D3 アドバンストクラス)
  B3(その他の視覚障害者)&B2/B3プレイヤー
○ D3‐Sクラス(D3 スタンダードクラス)
  B3(その他の視覚障害者)&晴眼者
 
※ 今大会において、ペアの決まっていない方の参加は認めないものとします。
※ D1スタンダードクラスにおいて、晴眼者の代わりに障害者とのペアも
  可としますが、有効バウンド数などルール上晴眼者扱いとなります。
 
競技規則 : 日本ブラインドテニス連盟(JBTF)制定の「競技規則
       2020年度版」、および本大会申し合わせ事項に準ずる。
       なお、コートは「競技規則2020年度版」第1条に定める
       コートサイズ(横6.1m、縦13.4m)を適応する。
 
○ D1 アドバンストクラス(男女混合)
  (B1)3バウンド以内の打球を有効。アイマスクまたはアイシェード装着。
  (&B1)3バウンド以内の打球を有効。アイマスクまたはアイシェード装着。
 
○ D1 スタンダードクラス(男子・女子)
  (B1)3バウンド以内の打球を有効。アイマスクまたはアイシェード装着。
  (&晴)3バウンドの打球のみ有効。
 
○ D2 アドバンストクラス(男女混合)
  (B2)3バウンド以内の打球を有効。
  (&B2/B3)B2:3バウンド、B3:2バウンド以内の打球を有効。
 
○ D2 スタンダードクラス(男女混合)
  (B2)3バウンド以内の打球を有効。
  (&晴)2バウンドの打球のみ有効。
 
○ D3 アドバンストクラス(男女混合)
  (B3)2バウンド以内の打球を有効。
  (&B2/B3)B2:3バウンド、B3:2バウンド以内の打球を有効。
 
○ D3 スタンダードクラス(男女混合)
  (B3)2バウンド以内の打球を有効。
  (&晴)1バウンドの打球のみ有効。
 
※ アイマスク、アイシェード装着者は、試合中は、はずしてはならない。
※ 試合中、プレイヤーに対するペア以外の第3者よりのコーチングは
  禁止する。
 
競技方法 : トーナメント方式(またはリーグ戦)とし、出場者数により
  決定する。
 
ボール : JBTF公認ボール(IBTAロゴ入り)を使用する。
      D2/D3クラスにおいては、サービスゲーム側ペアが黄色または
      黒色どちらかを選択できる。
 
?用具 : 競技ラケットは硬式テニスラケットまたはそれに準じる物で、
     全長23インチ(58.5cm)以下を使用すること。
 
   ※ 個人で準備ができない場合は、事前に御連絡ください。
 
その他 : 体育館使用のため、必ず体育館シューズを使用すること。
      服装はテニスのできる服装で行うこと。

 
表彰 : 各クラス1位と2位を表彰する。
 
?免責 : 大会開催中の事故・トラブルに関して、主催者は一切の責任を
     負わないものとする。
     なお、大会保険に加入し、その範囲内において対処する。
 
参加費 : 1ペア(ペアの決まっていない方の参加は認めないものとします)
    中部地域協会登録者        : 2,000円
    中部地域協会に登録されていない方 : 3,000円
 
  ※ 参加費は、当日受付にてお支払いください。
 
申し込み受付期間 : 令和4年10月9日(日)午前9時~28日(金)
 
(注) 参加者が予定数(30ペア程度)に達した場合、やむを得ず
    期間内であってもエントリーの打ち切りとさせていただきますこと
    ご了承ください。
    その際は、全会員向けにお知らせいたします。
    各クラスの定数は以下となります。
    D1クラス   : 18~20ペア程度
    D2・D3クラス : 10~12ペア程度
 
申し込み方法 : 下記二ついずれかの方法にてお申し込みください。
    なお、申し込みは個人登録とし、クラブ単位での申し込みを
    受け付けないこととします。
  ※ 代理登録も可としますが、必ず1メールにつき1ペアとしてください。
 
(A) 専用サイト(申し込みフォーム)からエントリーする方法
    下記サイトにアクセスし、必要事項を入力後登録してください。

第27回アスカム杯ブラインドテニス大会 申し込みフォーム

第27回アスカム杯 代理登録用 申し込みフォーム

第27回アスカム杯 付き添いまたはガイドヘルパーの方 登録フォーム

  * 登録後、自動返信メールが届きますのでご確認ください。
    その後、3日以内をめどに登録のメールを返信いたします。
    返信がない場合は、恐れ入りますが再送信のうえ、事務局まで
    ご連絡ください。
 
(B) メールにより申込みする方法
    メールに次の項目を記入のうえ、下記へお申し込みください。
  * メール受付後、3日以内をめどに登録のメールを返信いたします。
    返信がない場合は、恐れ入りますが再送信のうえ、事務局まで
    ご連絡ください。
 
(1) 氏名
(2) ふりがな
(3) メールアドレス
(4) 緊急用電話番号(携帯も可)
(5) 住所(コロナ対策のため必要です。正確にご記入をお願いいたします)
(6) 出場クラス(D1‐A/D1‐S男子・女子/D2‐A/D2‐S/D3‐A/
    D3‐S)
(7) 性別(男子・女子)
(8) 中部地域協会登録者または登録なし(登録者・登録なし)
(9) ペアの氏名
(10)ペアのふりがな
(11)ペアの電話番号(携帯も可)
(12)ペアの住所(正確にご記入をお願いいたします)
(13)代理で登録される場合、代理の方のお名前
(14)代理で登録される場合、代理の方のメールアドレス
    (以降、連絡はこのアドレスとさせていただきます)
(15)付き添いまたはガイドヘルパーの方とご来館される場合、その方の
    氏名・フリガナ・電話番号・住所
    (後ほど登録していただくことも可能です)
(16)資料の配付について、どれを希望されますか(点字・墨字・なし)、
    ペアの方はどれを希望されますか(点字・墨字・なし)
(17)その他、大会事務局への連絡事項等
 
  ※ コロナ対策のため、大会関係者すべての名簿を作成する
    必要がございます。
    付き添いまたはガイドヘルパーの方とご来館される場合、上記(15)に
    ご記入ください。
    また、後ほど登録される場合は、令和4年11月18日(金)までに
    メールまたは上記登録フォームにてお知らせください。

申し込みはここからどうぞ(事務局 : 井口 学・山下宏司)

スケジュール(予定)
     8:45 スタッフ集合、コート設営など
     9:00 受付開始
     9:30 競技開始
    16:30 表彰
    16:40 後片付け、随時解散

新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン

 以下のいずれかに該当する場合、本大会は中止といたします。
 
□11月5日土曜の時点で、コロナ感染症の状況により主催者が開催困難と
判断したとき。
□大会運営委員およびボランティアについて、開催困難を生じる人数の
不参加申し出があったとき。
□参加選手について、エントリー総数が9ペア以下であった場合。
 
 以下に新型コロナウイルス感染症予防対策として留意点を列記いたします。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
①体温のチェックについて。
受付にて関係者すべての体温をチェックさせていただきます。
37.0度以上または平熱より1度以上高い方は参加することができません。
 
②チェックリスト並びに名簿の作成にご協力ください。
チェックリストはこちらで作成いたします。
名簿につきましては、参加申し込みの際のお名前・電話番号・住所を
使用させていただきます。
また、ペア以外との来館の場合はお申し出ください。
 
③マスクの着用をお願いいたします(プレイ中は外してかまいません)。
 
④手指・機具の消毒をお願いいたします。
アルコール消毒液は、出入り口・受付・各コートに設置いたします。
 
⑤換気をお願いいたします。
出入口と窓は常時開放しておきます。D1クラスにおいては騒音、
D2・D3クラスにおいては明暗に有利不利を生ずる可能性がありますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 
⑥人と人の距離をできる限り2m空けるようお願いいたします。
B1クラスの誘導につきましては、ペアの方と行動していただきますよう
お願いいたします。
 
⑦体育館内で、水分補給以外の飲食は禁止となっております。
昼食など、飲食は必ず2階多目的室にてお願いいたします。
 
⑧アスカム体育館の人数制限について。
大会に関する人数制限としては以下となりますので、ご協力をお願いいたします。
 
アリーナ     : 片面30名
ジョギングコース : 20名(前後2m以上離れる)
多目的室     : 30名
ロッカー     : 男・女各15名(シャワー使用不可、ドライヤー使用)
 
⑨観戦目的など関係者以外の来館はお断りいたします。

申し合わせ事項

(9月22日修正版)
 
【コートの配置について】
    入り口を背にして(舞台を正面に見て)
    第1コート : 正面奥、舞台に沿って横長のコート。
    第2コート : 入り口側、左手前の縦長のコート。
    第3コート : 入り口側、右奥の縦長のコート。
    ※ 入口側の壁は、第2・第3コートのベースライン後方に
      当たります。荷物を置いたり選手が控えたりすることのないよう
      ご注意ください。
 
1.  ペアにてお申し込みください。ペアなしでのお申し込みは
    受け付けないものとします。
    なお、前大会優勝ペアのエントリーはお受けできません。
 
2.  競技クラスは、参加ペアが3組未満の場合においては、
    アドバンストクラス・スタンダードクラス混合とする。
 
3.  サービスまたはエンド(コート)の選択は、ジャンケンとする。
 
4.  勝敗はショートセット方式(4ゲームマッチ)とし、2ゲーム以上の
    差を付けて4ゲーム先取した側を勝者とする。
    ゲームカウントが4-4になったときは、9ゲーム目を7ポイント
    先取によるタイブレーク方式を採用する。
    ただし、タイブレークにおいて6ポイントオールとなった場合は、
    その後2ポイント差をつけた側をもって勝者とする。
 
5.  ゲーム中にデュースとなった場合は、ノーアドバンテージ方式を
    採用し、1ポイントを先取した側が、そのゲームを取得する
    (ディサイディングポイント)。
    その際、レシーバーは障害者側とし、レシーブサイドを選択できる
    (レシーバーズチョイス)。サーバーも障害者とする。
    ともに障害者のペアにおいては、レシーバー・サーバーどちらが
    行っても良い。
 
6.  エンドチェンジは、奇数ゲーム終了後、またはタイブレークゲームに
    おいてポイント合計が6の倍数になったとき行う。
    その際は、水分補給を含め90秒を限度とする。ただし、第1ゲーム
    終了後およびタイブレークゲーム中は、水分補給のみとする。
 
7.  1試合にプレイヤー1人につき1回メディカルタイムを要求できる。
    3分を目処とする。
 
8.  公式練習は、初戦の場合3分を限度とし、サービスを中心に
    各プレイヤー4本程度とし、2試合目からはそれぞれ2本とする。
 
9.  ダブルス競技規則
    日本ブラインドテニス連盟(JBTF)「競技規則2020年度版」を
    基本とし、本大会特有のルールについて以後の項にて記載する。
 
(1) ともに視覚障害者、および視覚障害者と晴眼者がペアとなり、
    ダブルス競技を行う。
 
(2) 競技クラスと競技方法については、以下とする。
クラス     : D1‐A(D1 アドバンストクラス、男女混合)
ペアの組合せ  : ともにB1プレイヤー(アイマスク、または、
          アイシェード装着)
有効バウンド数 : B1プレイヤー … 3バウンド以内
 
クラス     : D1‐S(D1 スタンダードクラス、男子・女子)
ペアの組合せ  : B1プレイヤー(アイマスク、または、アイシェード
          装着)と晴眼プレイヤー
有効バウンド数 : B1プレイヤー … 3バウンド以内
          晴眼プレイヤー … 3バウンドのみ
 
クラス     : D2‐A(D2 アドバンストクラス、男女混合)
ペアの組合せ  : B2プレイヤー(視力0.03以下あるいは
          視野5度以内)とB2/B3プレイヤー
有効バウンド数 : B2プレイヤー … 3バウンド以内
          B3プレイヤー … 2バウンド以内
 
クラス     : D2‐S(D2 スタンダードクラス、男女混合)
ペアの組合せ  : B2プレイヤーと晴眼プレイヤー
有効バウンド数 : B2プレイヤー … 3バウンド以内
          晴眼プレイヤー … 2バウンドのみ
 
クラス     : D3‐A(D3 アドバンストクラス、男女混合)
ペアの組合せ  : B3プレイヤー(その他の視覚障害者)と
          B2/B3プレイヤー
有効バウンド数 : B3プレイヤー … 2バウンド以内
          B2プレイヤー … 3バウンド以内
 
クラス     : D3‐S(D3 スタンダードクラス、男女混合)
ペアの組合せ  : B3プレイヤーと晴眼プレイヤー
有効バウンド数 : B3プレイヤー … 2バウンド以内
          晴眼プレイヤー … 1バウンドのみ
 
  ※ D1スタンダードクラスにおいて、晴眼者の代わりに障害者とのペアも
    可とするが、有効バウンド数などルール上晴眼者扱いとする。
 
(3) 各クラスの晴眼者プレイヤーは、試合中本部で準備した
    ビブスを着用する(1着を専用する)。
 
(4) ペアは試合開始前にフォアとバックそれぞれに入るプレイヤーを定め、
    同時にサーブを打つ順番を定める。同じプレイヤーが続けて
    サービスゲームをしてはならない。
 
(5) アドバンストクラスにおいて、ラリー中同じプレイヤーが続けて
    レシーブすることを妨げない。
    また、スタンダードクラスにおいて、ラリーはペアが交互に行い
    サーブを含め同じプレイヤーが連続してレシーブをしてはならない。
 
(6) プレイ中、相手の打球がペアのいずれかにノーバウンドで直接当たった
    場合は、以下の通りとなる。
 
○ 障害者プレイヤー : コート外であれば相手側の失点とし、コート内で
             あれば当たった側の失点とする。この時、身体の
             一部がコート内にあった場合は、コート内と同様、
             当たった側の失点とする。
 
○ 晴眼者プレイヤー : コート内外問わず当たった側の失点とする。
 
(7) タイブレークは、以下の順番でサービスを行う。
    1本目 : 1ゲーム目のサーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    2本目 : 2ゲーム目のサーバーが、バックサイドよりサーブ。
    3本目 : 2ゲーム目のサーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    4本目 : 3ゲーム目のサーバーが、バックサイドよりサーブ。
    5本目 : 3ゲーム目のサーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    6本目 : 4ゲーム目のサーバーが、バックサイドよりサーブ。
    7本目 : 4ゲーム目のサーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    8本目 : 1ゲーム目のサーバーが、バックサイドよりサーブ。
    9本目 : 1本目に戻る。
    (その後、繰り返しとなる)

問い合わせはここからどうぞ(事務局)

トップへ戻ります