大会情報

中部地域協会主催の大会情報です。

第15回中部地域クラブ交流会

お断り

平素は、当協会の活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
 
 さて、第15回中部地域クラブ交流会は、イベント開催においての厳しい
状況下ではございますが、可能な限りの感染拡大防止策を講じた上
実施することといたしました。
 しかし、新型コロナウィルス感染症の状況により変更または中止も
ありますこと、ご承知おきいただきますようお願いいたします。
 また、コロナウイルス感染対策として開会式・閉会式の中止など、
例年と異なる部分がございます。皆様にはご理解とご協力のほど、
よろしくお願いいたします。
 
 それでは、よくお読みの上お申し込みください。
多くの皆様の参加をお待ちしております。
 
日本ブラインドテニス連盟 中部地域協会
会長 : 酒井正治(さかい まさはる)

実施要項

期日 : 令和3年8月29日(日)9:00~17:00
 
会場 : 愛知製鋼企業年金基金体育館(アスカム)
     住所 : 愛知県東海市荒尾町大脇90番地
     電話 : 052-601-7211
 
主催 : 日本ブラインドテニス連盟(JBTF)中部地域協会
 
協賛 : 愛知製鋼株式会社(予定)
 
協力 : 社会福祉法人相和福祉会 くすの樹(予定)
 
参加資格
(1) 中部地域協会員
(2) 他地域協会員
(3) その他、主催者が認めた者
 
競技規則 : 日本ブラインドテニス連盟(JBTF)制定の「競技規則
       2020年度版」、および本大会申し合わせ事項による。
       また、幾つかのチームに分け団体戦を行うが、対戦方法および
       試合方式については、申し合わせ事項に準ずる。
 
競技クラスおよび競技方式
(1) B1シングルス(有効バウンド数3以内、アイマスク装着)
(2) B1ダブルス
(3) B2・3シングルス(有効バウンド数B2-3以内 B3-2以内)
(4) B2・3ダブルス
(5) オープンダブルス
  ※ 参加者数により変更あり。
 
用具 : 競技ラケットはショートテニス仕様、もしくはジュニアテニス仕様の
     物で、全長23インチ(58.5cm)以下を使用する。
 
その他 : 体育館使用のため、競技者および介助者も必ず
      体育館シューズを使用すること。
      服装は上下テニスウェアーを着用すること。
 
参加費
(1) 中部地域協会登録クラブ : 1000円
(2) 個人申し込み      : 500円
(3) サポーター       : 無料
  ※ 参加費は、当日受付でお支払いください。
 
申し込み : 参加希望のクラブまたは個人は、8月6日(金)を期限に、
       次の項目おご記入のうえ、下記へお申し込みください。
       なお、サポーターの参加が少ないことが予想されます。
       1クラブにお一人以上のサポーターの参加が
       望ましいものとします。
 
① 氏名
② ふりがな
③ 出場クラス、B1・B2・B3・サポーター、男子・女子
④ 緊急用電話番号(携帯も可)
⑤ 個人申し込みの方は、メールアドレス・郵便番号・住所
⑥ その他、大会事務局への連絡事項等
 
申し込みおよび問い合わせ先 : 事務局(井口 学・山下宏司)

申し込みおよび問い合わせはここからどうぞ

スケジュール(予定)
     8:45  スタッフ集合、コート設営
     9:00  受付開始
     9:30  チーム分け、競技説明など
    10:00  交流試合(午前の部)
    13:00  交流試合(午後の部)
    16:30  結果発表、後片付け
    17:00  随時解散

新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン

 新型コロナウイルス感染症予防対策として留意点を列記します。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
①体温のチェックについて。
受付にて関係者すべての体温をチェックさせていただきます。
37.0度以上または平熱より1度以上高い方は参加することができません。
 
②チェックリスト並びに名簿の作成にご協力ください。
チェックリストはこちらで作成いたします。
名簿につきましては、参加申し込みの際のお名前・電話番号・住所を
使用させていただきます。
 
③マスクの着用をお願いいたします(プレイ中は外してかまいません)。
 
④手指・機具の消毒をお願いいたします。
アルコール消毒液は、出入り口・受付・各コートに設置いたします。
 
⑤換気をお願いいたします。
出入口と窓は常時開放しておきます。D1クラスにおいては騒音、
D2・D3クラスにおいては明暗に有利不利を生ずる可能性がありますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

⑥人と人の距離をできる限り2m空けるようお願いいたします。
 
⑦体育館内で、水分補給以外の飲食は禁止となっております。
昼食など、飲食は必ず2階多目的室にてお願いいたします。
 
⑧アスカム体育館の人数制限について。
大会に関する人数制限としては以下となりますので、ご協力をお願いいたします。
 
アリーナ     : 片面30名
ジョギングコース : 20名(前後2m以上離れる)
多目的室     : 30名
ロッカー     : 男・女各15名(シャワー使用不可、ドライヤー使用)
 
⑨観戦目的など関係者以外の来館はお断りいたします。

申し合わせ事項

(初版 7月10日作成)
 
【コートの配置について】
    入り口を背にして(舞台を正面に見て)
    第1コート : 正面奥、舞台に沿って横長のコート。
    第2コート : 入り口側、左手前の縦長のコート。
    第3コート : 入り口側、右奥の縦長のコート。
  ※ 入口側の壁は、第2・第3コートのベースライン後方に当たります。
    荷物を置いたり選手が控えたりすることのないようご注意ください。
 
審判について
    交流会では審判を専任しません。対戦するチームのサポーターを
    中心にセルフジャッジを含め、試合進行にご協力をお願いします。
 
対戦方法
    参加者数により変更もあるが、おおむね以下の通りとする。
    参加者を幾つかのチームに分け、総当たりの団体戦とし、
    それぞれのチームは下記の5試合を行い、勝ち越した方を勝者とする。
(1) B2・3ダブルス(ペアの一人は必ずB2・3であること)
(2) B1シングルス
(3) オープンダブルス(ペアに制限は無いものとする)
(4) B2・3シングルス
(5) B1ダブルス(ペアの一人は必ずB1であること)
  ※ ダブルスにおいて、ペアの1人は決められたクラスとし、もう1人に
    ついてはクラスの制限は無いものとする。また、有効バウンド数は、
    出場選手のクラスに従うものとする。
 
有効バウンド数
    B1クラス : 3以内(アイマスク、またはアイシェード装着)
    B2クラス : 3以内
    B3クラス : 2以内
    サポーター : ペアがB1の場合は3のみ、B2・3の場合は2のみ
 
試合方式
    シングルスおよびダブルスともに、9ポイント先取による
    タイブレーク方式を採用する。ただし、8ポイントオールとなった
    場合は、その後2ポイント差をつけた側をもって勝者とする。
  ※ その他、ダブルスにおいてはアスカム杯仕様とする。
 
試合前練習 : サービス練習のみとし、デュースサイド・アドバンテージ
        サイドよりおのおの1本とする。
        ダブルスにおいてもサービス練習のみとし、各選手それぞれ
        デュースサイド・アドバンテージサイドよりおのおの
        1本とする。
 
コートチェンジ : コートチェンジは行わないものとする。水分補給に
          ついては、1試合1回とする。
 
ダブルスにおけるサービスの順
    1本目 : Aチームの第1サーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    2本目 : Bチームの第1サーバーが、バックサイドよりサーブ。
    3本目 : Bチームの第1サーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    4本目 : Aチームの第2サーバーが、バックサイドよりサーブ。
    5本目 : Aチームの第2サーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    6本目 : Bチームの第2サーバーが、バックサイドよりサーブ。
    7本目 : Bチームの第2サーバーが、フォアサイドよりサーブ。
    8本目 : Aチームの第1サーバーが、バックサイドよりサーブ。
    9本目 : 1本目のサービスに戻る(これ以降は繰り返しとなる)。

令和3年度大会予定

令和3年8月29日(日曜)
第15回中部地域クラブ交流会
会場:愛知製鋼企業年金基金体育館(アスカム)
 
令和3年11月28日(日曜)
第26回アスカム杯ブラインドテニス大会
会場:愛知製鋼企業年金基金体育館(アスカム)
 
令和4年1月23日(日曜)
第8回中部ウィンターズカップブラインドテニス大会
会場:愛知製鋼企業年金基金体育館(アスカム)
 
令和4年3月21日(月曜・春分の日)
第18回日本ブラインドテニス中部日本大会
会場:名東スポーツセンターおよび名古屋市障害者スポーツセンター

問い合わせはここからどうぞ

トップへ戻ります